インナーパラソルが手軽な理由
  • サッと飲むだけで日焼け対策できる
  • 1日中効果が持続する
  • 面倒な塗り直しなど必要なし
※飲むだけで日焼け対策

インナーパラソルの効果的な飲み方は、それは1日に2粒以上食後30分以内に継続して毎日飲むことです。

この記事では、インナーパラソルの日焼け予防効果を最大化する使い方を解説していきます。

正しい飲み方は1日2粒以上

インナーパラソルの効果を最大化する飲み方は1日に2粒以上飲むことです。

※飲むだけで日焼け対策できます

インナーパラソルは健康食品なので医薬品のような厳密な用法用量はないのですが、ある程度のルールはあるのでこれから解説します。

何粒飲めばいい?ー目安は2粒以上

インナーパラソルは1日に何粒飲めばいいのかという質問に、2~6粒を目安に飲めばいいと回答しています。

下記がその引用文です。

用法用量に決まりはありません。ですが、1日2~6粒(目安)をオススメしております。

引用元:https://finebase.jp/parasol16200.html

このようにインナーパラソルを1日に摂取するのは2~6粒が推奨されています。

2~6粒と幅があることに疑問を持った方はいると思いますが、その理由はニュートロックスサンの推奨摂取量にあります。

インナーパラソルには1粒に125mgのニュートロックスサンが含まれているのですが、ニュートロックスサンの1日の推奨摂取量は250mgとされています。

なので、ニュートロックスサンの推奨摂取量を満たすには1日に少なくとも2粒を飲むことがお勧めされています。

また、2〜6粒の6粒の理由ですが、こちらは明確な根拠が示されていません。

ただ、1日のニュートロックスサンの推奨量を取れる2粒より多いのは、インナーパラソルを飲む量によって効果が変わると考えることができます。

飲めば飲むほど効果があると言うわけではありませんが、ある程度は飲んだ量と日焼け予防効果には相関関係があると予想されます。

1日に少なくとも2粒以上は飲もう

目安は2〜6粒と幅がありますが、1日に少なくとも2粒は飲むことを心がけましょう。

先ほどもお伝えした通り、インナーパラソルに含まれているニュートロックスサンは1日に2粒飲むことで推奨量を摂取することができます。


引用元:http://www.willfarm.jp/material-nutroxsun.html

上記のグラフはニュートロックスサンを摂取してから経過した時間と日焼けによる肌の赤みの関係を表したグラフです。

水色のグラフがニュートロックスサンを250mg、赤色のグラフが100mg、緑色が摂取していない場合のグラフです。

このグラフを見てみると、ニュートロックスサンを250mg摂取した場合は約25時間後には肌の赤みが減少していますが、100mgの場合だと48時間後に減少しています。

つまり、250mgと比べて100mgを摂取した場合は効果が出る前でに倍の時間がかかるのです。

なので、少なくとも1日の推奨量を摂取できるインナーパラソル2粒を飲みましょう!

ある程度は飲めば飲むほどいい

インナーパラソルの推奨されている飲む個数は2〜6粒と幅があるので、ある程度までは飲めば飲むほど日焼け予防効果が上昇すると考えられます。

2粒以上飲んでも特に効果に改善が見られないなら、目安の摂取量は2粒となっているはずですしね。

なので絶対に日焼けしたくない!と言う方は毎日6粒飲むことをお勧めしますが、毎日6粒だと12日で1袋なくなってしまいます。

これではお財布に悪いと思うので、外での作業が多い日やデートの前などに多くするなど飲む量を臨機応変に調節して使うといいです。

最後に、しつこいですが目安は6粒までです。

いくら飲めば飲むほど効果を実感できるからといって7粒以上飲むのはやめときましょう!

何事もやりすぎはNGです。

 

インナーパラソルはダメな飲み合わせはない

インナーパラソルは健康食品なので、やってはいけない飲み合わせはありません。

※薬ではないので基本的にNGはないです

飲み合わせが問題になってくるのは現在薬を飲んでいる方ですが、インナーパラソルはあくまでも食品という扱いなのでダメな飲み合わせというものはありません。

ただ、インナーパラソルとの併用を明確に禁止されている薬はないですが、もしもということがあるので念の為に医師または薬剤師に相談しましょう。

1つずつでは問題ないお薬でも、お薬とお薬の飲み合わせ、またはお薬と食品(飲み物/嗜好品含む)の食べ合わせによっては、よくない影響が出る組み合わせがあります。この影響を相互作用といい、注意して防がなくてはなりません。

引用元:日本調剤

飲み合わせというと一緒に食べる食品だけに注意すればいいかのように聞こえますが、上記の通り一緒に飲む飲み物やタバコなどの嗜好品も含まれることに注意しましょう。

飲むときは水やぬるま湯と一緒に飲もう

インナーパラソルを飲むときは水やぬるま湯などと一緒に飲みましょう。

コーヒーやジュースと一緒に飲んでもダメだというわけではないですが、インナーパラソルの成分が体に吸収されづらくなる可能性があるので控えましょう。

特にカフェインが含まれるコーヒーや紅茶、お茶などと一緒に飲むのはやめましょう。

カフェインには栄養素とくっついてしまう作用があり、それによりインナーパラソルに含まれている成分が体に吸収されづらくなってしまいます。

ここは無難に水かぬるま湯と一緒に飲むのがおすすめです。

こだわるならミネラルウォーターと一緒に飲むべし

インナーパラソルと一緒に飲む水はできれば、天然水またはミネラルウォーターが望ましいです。

水道水は絶対にダメだというわけではないのですが、水道水に含まれている塩素はビタミンなどの栄養素を破壊する可能性があります。

インナーパラソルにはビタミンCとPが含まれているので、水道水が成分を破壊してしまう可能性は十分にあります。

家にミネラルウォーターや天然水がない場合は水道水を沸騰させてから、白湯くらいの飲みやすい温度にして飲みましょう。

この時注意するポイントとしては、沸騰した後もしばらく加熱し続けること。

加熱が不十分だとトリハロメタンという発がん性物質も残存する恐れがあるので、目安として5分は加熱をしたいところです。

・・・まあここまで手間をかけるならミネラルウォーを買ってきた方が手っ取り早いですが。

このように、インナーパラソルの効果をより高めることができる飲み物はありませんが、効果を弱めてしまう可能性がある組み合わせはあります。

なので、「無難」な飲み物を選ぶことが大切です。

関連する記事:【レビュー】インナーパラソルのの口コミは高評価!【飲む日焼け止め】

インナーパラソルの飲むタイミングは食後30分以内

インナーパラソルの飲むタイミングは食後30分以内がお勧めです。

これはインナーパラソルだけに限った話ではなく、サプリメント全体に言えることです。

普通の食事をした後にサプリを摂取するとサプリの吸収が良くなるのが理由です。

食べ物を噛むと胃や腸に「これから食べ物がくるよ」という合図が送られます、その合図により胃腸では消化吸収が高まります。

ただサプリを飲んだだけだとこの合図が送られないので、胃や腸はサプリを消化し吸収する準備ができず、成分の吸収率が落ちてしまいます。

また、空腹のときにサプリを摂取すると胃が荒れてしまうことがあります。

なので、インナーパラソルは食後30分以内に飲むことで、効率よく体に取り入れましょう。

 

即効性はないので毎日継続して飲もう

インナーパラソルに即効性はないので毎日継続して飲むことが大切です。

先ほど飲むタイミングは食後30分以内が良いと説明しましたが、それ以上に継続して飲むことの方が断然重要です。

もちろん飲むタイミングが全く関係ないというわけではありませんが、飲むタイミングに拘るあまり毎日飲むのが疎かになるくらいなら、空腹時でもいつでもいいので毎日飲むことを優先させましょう。

毎日継続するためにはインナーパラソルを飲むことを習慣にするのが一番です。

例えば朝ごはんを食べた後に飲むなど、毎日の生活での動作の一部にすることで飲み忘れを防止できます。

即効性がない理由は薬ではないから

インナーパラソルに即効性がない理由は薬ではないからです。

病院などで処方される薬は即効性があり、体のコンディションを一気に変えることができるものもあります。

一方、インナーパラソルは健康食品なので、食生活で体の体調が変わってくるようにゆっくりと作用します。

薬のように体の性質をいきなりごっそりと変えると予期せぬ問題が起きることもありますし、ゆっくりと体に作用するのは悪いことではありません。

ちなみに、インナーパラソルはサプリメントとしては珍しく短期的な効果もあります。

上のグラフは先ほども紹介したのですが、インナーパラソルの主成分であるニュートロックスサンの摂取量と肌の赤みの関係を表しものです。

グラフによると、250mgのニュートロックスサンを摂取して25時間後には日焼けによる肌の赤みが減少していることがわかります。

本格的な効果が出るのは3ヶ月ほど後ですが、短期的にも日焼け対策として効果があるのです。

本格的に効き目を実感するのは3ヶ月後が目安

インナーパラソルを継続して飲むことで本格的に効果が現れるのは3ヶ月後が目安です。

※3ヶ月で日焼け予防効果を実感!

カラダのコンディションは3ヶ月が 目安と言われています。 続けることが大切なことなのです。

引用元:インナーパラソル

季節は春夏秋冬ありますがそれぞれ3ヶ月ありますよね。

3ヶ月というのは季節が変わるほどの月日の長さなのです。

インナーパラソルは薬のような即効性はなく、じっくりと体の状態を変えていきます。

なので体のコンディションが変わるの目安の3ヶ月が、インナーパラソルの効果を本格的に実感できるまでの期間の目安となります。

インナーパラソルの継続率は95%

インナーパラソルは継続して飲むのがおすすめですが、実際にその継続率は95%もあります。

インナーパラソルは継続率が高評価

こちらはインナーパラソルの公式サイトの画像です。

95%という継続率はかなり高いので、皆さん継続しているということですね。

裏を返すと、短期間で効果を期待している人はインナーパラソルを買わない方がいいということです。

購入する人は日常生活のお供としてじっくりと使っていきましょう!

※継続率95%と満足している人が多いです

 

インナーパラソルの持続時間は1日中

インナーパラソルの効果の持続時間は1日で、朝起きてから夜寝るまでずっと紫外線から全身を守ってくれます。

ただ注意しないといけないのは、1日中効果があると実感できるようになるには継続して飲んでいなければいけません。

継続の重要性については先ほどの項目でも解説しましたが、毎日飲んでいないければ1日中紫外線対策ができている!という状態にはなりません。

紫外線に対する防護作用
引用元:http://www.willfarm.jp/material-nutroxsun.html

このグラフはインナーパラソルの主成分のニュートロックスサンとMED上昇値の関係を表したグラフです。

MEDとは紅斑を発生させるために必要な最小の紫外線量のことで、この値が高ければ高いほど紫外線に強い体になったということです。

上記のグラフによると約3ヶ月間継続した場合、56.1%MEDが上昇したということが読み取れます。

つまり、毎日摂取していれば3ヶ月目(正確には85日後)には今までより50%以上紫外線に強くなることができるということです。

継続していない場合でも24時間続く

特に継続していない人の場合でも24時間効果が続くと考えられます。

ニュートロックスサンは紫外線吸収作用は有さないものの、強力な活性酸素の除去作用があり、作用時間が長いのが利点です。

引用元:おしげ皮フ科クリニック

こちらはおしげ皮フ科というクリニックに書かれていた文言ですが、インナーパラソルの主成分であるニュートロックスサンは作用時間が長いそうです。

このクリニックのページでは別のニュートロックスサンを主成分とする商品の場合は24時間効果が持続すると書いてあったので、同様にニュートロックスサンを主成分とするインナーパラソルも24時間効果が持続すると考えられます。

4時間の作用時間に対して作用時間が長いとの趣旨があったことからも、このクリニックのいう作用時間が長いとは24時間、少なくとも8時間以上だと考えることができます。

なので先ほど紹介した通り、毎日朝と夜に2粒づつ飲めば特に効果時間を気にしなくてもいいと考えられます。

1日4粒飲むのがきついという方は真夏でなかったら朝に2粒飲むのでも大丈夫です。

飲み始めたときのインナーパラソルの効果の持続時間は結局詳しいことは分からないので、インナーパラソルを飲んでいるからといって気を抜かずに日焼け止めクリームなど外からのケアもしっかりと併用しましょう。


引用元:http://www.willfarm.jp/material-nutroxsun.html

まだ飲み始めたばかりの方の効果の持続時間は24時間と予想はできますが正確なことは分かりません。

ですが、上記のグラフにより効果が「いつ」現れるかの時間のデータはあります。

グラフによるとニュートロックスサン250mg(インナーパラソル2粒分)を摂取した場合約25時間後に肌の赤みが減少したことが分かります。

なので、継続していない場合の効果の持続時間は分かりませんが、効果が現れるまでの時間は約25時間後ということです。

※1日中効果があります

 

季節別インナーパラソルの使い方

インナーパラソルは1年中使えるのですが、季節によって使い方を変えるのがおすすめです。

という訳でこれから季節別の使い方を、夏と春・秋・冬に分けて解説していきます。

インナーパラソルの夏の飲み方

夏は1年で一番紫外線量が多く、日焼け止め対策の本場の季節です。

そこでおすすめの飲み方は、朝と昼に2粒ずつ飲むことです。

1日のニュートロックスサンの推奨摂取量は250mgなのですが、インナーパラソルは1粒に125mgのニュートロックスサンは含まれています。

なのでその推奨量を1日の2つのタイミングで飲むことで更なる日焼け予防効果を手にいれます。

お財布に余裕がある方は、昼に2粒を追加して合計6粒を飲むのもおすすめです。

インナーパラソルの1日の摂取量の目安は2~6粒となっているので、6粒までは飲む個数を増やしてもある程度効果があります。

ニュートロックスサン摂取量と肌の赤み
引用元:http://www.willfarm.jp/material-nutroxsun.html

再び先ほど紹介したグラフの話になるのですが、ニュートロックスサンを250mg摂取した場合約25時間後に効果が現れました。

なので日差しが本格化する前の朝と本格的な昼に飲むことで、効果的にニュートロックスサンが働くことを期待します。

ただ、あくまでこのタイミングは気休め的なものなので、しっかりとした効果を望むのなら継続して飲むのが一番です。

 

インナーパラソルの冬や春・秋の飲み方

紫外線は夏以外にも1年中降り注いでいるので、日焼け止め対策は年間を通して怠ってはいけません。

ただ夏のように毎日4粒飲むのはお財布的に優しくないので、飲む粒の個数は減らしても大丈夫です。

具体的には、冬や春・秋は毎日2粒を飲むことをおすすめします。

このとき注意するべきなのは冬でも2粒飲むということです。

ニュートロックスサンの1日の推奨量は250mgなので、これを下回ると効果が半減してしまいます。

また、冬といえども紫外線は降り注いでいて、それが積み重なることでシミやシワなどの原因となります。

紫外線の悪い影響は体に蓄積するので冬の紫外線といえども積み重なってしまうのです。

また、雪が積もる地域だと雪が紫外線を反射してしまいます。

アスファルトだと紫外線の反射率は10%程度ですが、新雪の場合は反射率が80%にも達してしまいかなりの紫外線を浴びることになります。

夏の紫外線と違い、雪から反射される紫外線は下からやってきます。

なので日傘をしても意味ないですし、スカートの下など普段は意識していないところに紫外線が到達してしまいます。

なので冬の紫外線を侮ってはいけません、冬でも毎日2粒は飲みましょう。

 

インナーパラソルは手軽に日焼け対策ができる

インナーパラソルは手軽に日焼け対策ができます。

ここまで飲み方について解説してきましたが、日焼け止めクリームや日傘などの外からのケアと比べて手間がかからないことがお分かりいただけたと思います。

日焼け止めクリームのように塗り直す必要もないですし、日傘のように荷物になるわけでもありません。

インナーパラソルはただ飲むだけです。

最後に、手軽に日焼け止め対策ができらからこそあるインナーパラソルんおメリットを紹介しますね。

外出を控えなくていい

日焼け止めクリームを塗ってないから・・・といって外出を控えなくてもいいです。

先ほどもお伝えした通りインナーパラソルを継続して飲んでいれば、その日焼け予防効果は1日中持続します。

ゴミ出しに行くなど本当にちょっとした外出でいちいち日焼け止めクリームを塗るのは面倒だと思いますし、日傘を差そうにも手が塞がれてしまいまうので厳しいと思います。

けどインナーパラソルを飲んでいれば、ゴミ出しくらいのちょっとした外出なら日焼けを気にせず外出できるのです。

長袖や帽子、日傘などで露出を控えなくていい

日焼け対策をする上で紫外線を出来るだけ避けるのが重要ですが、インナーパラソルを飲んでいれば長袖や帽子、日傘などで露出を控えなくても良くなります。

夏にも長袖は暑すぎますよね。

流石に真夏の昼間などはインナーパラソルだけではなく長袖や帽子、日傘なども併用した方がいいですが、夏の夕暮れや春や秋くらいなら大丈夫です。

ここら辺はどのくらい本気で紫外線対策をするかによりますが、少なくとも今までよりは露出を控えなくても良くなります。

日焼け止めクリームを塗り忘れてもOK

インナーパラソルを飲んでいればついうっかりで日焼け止めクリームを塗り忘れても大丈夫です。

インナーパラソルを継続して飲んでいれば1日中体の内側から全身を守ってくれるので、忙しくて日焼け止めを塗る時間がない!って時でも安心です。

忙しい朝や突然外に出る用事が出来たとき、単純に忘れてた時などなど、インナーパラソルを飲んでいれば他に特に何もしなくても紫外線対策をしたことになるのです。

真夏などに完全にインナーパラソルだけで済ますのはおすすめしませんが、ついうっかりを防いでくれるのはかなり心強いですよね。

※飲むだけで手軽に日焼け対策できます